前立腺癌・膀胱癌|神戸市兵庫区 やまの泌尿器科|JR兵庫駅北口1分

やまの泌尿器科
078-578-2525

前立腺癌・膀胱癌・
血尿

前立腺癌(がん)とは

高齢化などにより急激に増加している癌です。初期の段階でほとんど自覚症状はなく、排尿困難や頻尿、血尿などの症状が現れる頃には進行していることが少なからずあります。腫瘍マーカーとして、PSA(前立腺特異抗原)があり診断の助けとなります。生検で癌の確定診断が得られます。治療法は、手術療法、放射線療法、内分泌療法など様々です。

前立腺癌(がん)の症状

早期では癌特有の症状はありませんが、進行すると、尿が出にくい、残尿感がある、排尿時に痛みがある、尿や精液に血が混じる などの症状が現れます。
症状だけで早期に前立腺癌をみつけるのは困難ですが、PSA検査という血液検査で前立腺癌を早期に見つけることができます。50歳を過ぎた方は、いちどPSA検査を受けることをすすめます。

PSA基準値

全年齢 4.0ng/ml以下
64歳以下 3.0ng/ml以下
65~69歳 3.5ng/ml以下
70歳以上 4.0ng/ml以下

近年、日本では「人口の高齢化」「食生活の欧米化」「PSA検査の普及」などで前立腺癌の患者数が増加しており、男性の癌の中で1番目に患者数が多い癌となりました。

前立腺癌の診断

一般検査
血液検査
PSA検査をします。
触診
前立腺の大きさや硬さ、表面の形状を調べます。
超音波検査
前立腺の大きさや形、癌の有無を調べます。
MRI検査
前立腺の大きさや形、癌の有無を調べます。
確定診断
前立腺生検
組織を採取し、癌細胞の有無やその悪性度などを調べます。
病期診断
CT検査
前立腺癌の広がりや他の臓器への転移の有無を調べます。
骨シンチ
骨への転移の有無を調べます。

前立腺癌の治療

前立腺癌は他の癌に比べて比較的予後は良いとされています。 治療法としては、早期癌であれば局所療法(手術療法・放射線療法)が選択され、進行癌であれば内分泌療法が主体となります。

前立腺癌の特徴
  • 高齢男性に多い
  • 進行は比較的ゆっくりしている
  • 早期であれば根治が可能である
  • 内分泌療法が有効である
治療を決定する要素
  • 癌の病期と悪性度
  • 患者さんの年齢
  • 全身状態
  • 患者さんの希望

膀胱癌

血尿から見つかることが多い癌です。病気が進行すると頻尿や排尿時痛などの膀胱炎症状が起こることもあります。多くの場合、膀胱鏡検査で診断されます。膀胱癌は表在性膀胱癌と浸潤性膀胱癌に分けることができます。表在性膀胱癌は経尿道的手術で治療しますが、転移のない浸潤性膀胱癌では開腹手術が適応となります。

血尿について

急に「赤いおしっこ」が出てしまうと、誰でもびっくりすると思います。悪い病気が頭に浮かんで「すぐに病院に行かなければ」と夜間に救急外来にとんで来られる方もいます。
もちろん、「そのまま様子をみていて良いことはありません。」もし、「癌(がん)」によるものであるならば悪化する一方だからです。
しかし、救急外来は応急処置・応急手当をするところで、詳しい検査をするところではありません。血尿に関しての詳しい検査は通常の診療時間で行われます。

検査をしっかりして原因をみつけることが大事です。

「膀胱炎」が原因のこともありますが、「がん」が原因のこともありますので、絶対に放置することだけは避けてください。

ただし、血尿以外に「尿が全く出ない」「高熱がある」「全身がだるい」など重篤な症状がある場合は、時間を問わず救急外来を受診して下さい。

血尿の診察の流れ

問診をもとに、「尿路結石」「感染症」「腫瘍」のいずれかをある程度考慮したうえで、さまざまな検査を行い、原因を調べます。

  • 血尿はいつからあるのか?
  • 血尿は薄いのか濃いのか?
  • 他に尿の症状はないのか?(頻尿・残尿感・排尿時痛など)
  • 腰やおなかが痛くないか?
  • 熱は出ていないか?  など

血尿の原因

いろいろな原因が考えられますが、大きく分けて下の3つの可能性を考えて検査します。

尿路結石 感染症 腫瘍

血尿の検査

検尿検査
血尿がどの程度なのか、細菌感染の有無を調べます。
尿細胞診
尿に癌細胞が含まれているのかを調べます。
血液検査
炎症反応や、腫瘍マーカーの数値を調べます。
エックス線検査
尿路結石の有無を調べます。
超音波検査
尿路結石、癌、水腎症の有無を調べます。
膀胱鏡検査
尿路結石、癌、出血箇所の有無を調べます。
CT検査
尿路結石、癌、出血箇所の有無を調べます。

血尿に対しては、検査をしっかりして原因をみつけることが大事です。
「感染」や「結石」が原因のこともありますが、「がん」が原因のこともありますので
絶対に放置することだけは避けてください。

© やまの泌尿器科

ページ
TOPへ